2012年12月10日

『原発アイドル』月間ギャラクシー賞受賞、『Jim Thompson Book』発売、脚本作『ナイトピープル』&『インターミッション』予告編解禁、『百年の時計』超ロングラン等のお知らせ

ご無沙汰しております。

えー、お知らせすることが多々あるので、ここらで一度まとめておきます。

○構成を担当したNONFIX『原発アイドル』(小野さやか演出)が10月の月間ギャラクシー賞を受賞しました! http://www.houkon.jp/galaxy/gekkan.html

これはほんとに嬉しかったです。構成という初めての仕事で周りにずいぶんご迷惑をおかけしましたし、お声掛け下さった小野さやか監督は凄まじいクリエイターでしたし、被写体となった制服向上委員会はさらに手ごわい存在でしたし……。ただ、ナレーションに大大大好きな阿部芙蓉美さんが参加して下さったことで、個人的には天にも昇る気持ちになったのでした。まさかの月間賞受賞はとても励みになりました。番組は予想通り、賛否両論でした。それで良いのだと思います。自分としても力不足を痛感する部分は多いのですが、参加できたことに強い誇りを持っていたので、こうした形で結果を残せて、とてもほっとしています。

○滝本誠さんによる私家版『Jim Thompson Book』に寄稿させて頂きました。お題は『おれの中の殺し屋』の映画版『キラー・インサイド・ミー』についての論評「蚯蚓腫れは聖痕に非ず〜キラー・インサイド・ミーが映像化によって失ったもの」です。拙稿はともかく、トンプスンの妻のインタビュー(訳は『ホワイト・ジャズ』などの佐々田雅子先生!)やトンプスンの短編、長編の抄録など、ノワールファン垂涎、必携の一冊になっておるのであります。ただ……『Jim Thompson Book』は限定500部なので、入手困難かもしれません。さしあたり、吉祥寺ジュンク堂様に問い合わせをしてみて頂けると良いかと。

自分にとっての滝本誠さんの存在の大きさ、また、ジム・トンプスンに対する偏愛については、かつて映画芸術で書かせて頂きましたが、それがご縁でこうしてお声がけ頂き、なんかもう人生ってどういう仕組みでこういう素晴らしい機会を与えてくれるの、といった感じです。『Jim Thompson Book』を手にとってしみじみ眺めるたびに、(生きてて良かった……)という気持ちになるのです。

○脚本作『ナイトピープル』(門井肇監督)の予告編が解禁されました。

http://www.youtube.com/watch?v=wYhlr_ZWVWg

原作・逢坂剛先生、出演に佐藤江梨子さん、北村一輝さん、杉本哲太さん、若村麻由美さん、三元雅芸さんほか、豪華キャストによるクライムサスペンスです。監督は『休暇』の門井肇さん。撮影は『結び目』の早坂伸さん。作品について色々語りたいこともありますが、これについては別の機会に譲ります。ひとつだけ言うと、ズバリ90分の映画なんです。犯罪映画で90分。しかも、日本では珍しい、市街地での銃撃戦あり。この心意気、是非、劇場で確認してほしいです。

http://www.u-picc.com/nightpeople/
『ナイトピープル』公式サイト
公開は来年初春、シネマート新宿、シネマート心斎橋など。

○続いて、共同脚本で参加した『インターミッション』(樋口尚文監督)の予告編も解禁です!

http://eiga.com/movie/77509/video/
『インターミッション』予告編。
http://pathos-lastmovie.com/
『インターミッション』公式サイト

公開は来年2月23日、銀座シネパトスのラストロードショーとなります。

初号試写で見たのですが、自分はこの映画に参加できて本当に良かったと思いました。共同脚本なのでたいそうなことはしておりませんが、それでも自分を誇りたいです。この作品についても語りたいことが山ほどありますが、今はまだ控えます。自分のような者にお声掛け下さった樋口監督に、心から感謝しています。

○香川県で先行上映中の『百年の時計』が、12月13日まで上映延長の超ロングランとなりました!

http://100watch.net/

先日、どうしても現地でこの映画を見たくなって、単身、高松へ赴きました。
少々長くなりますが、Facebookに書いた短い旅行記を転載しておきます。

*****

『百年の時計』は香川県の映画なので、どうしても一度は現地で見ておきたかった。けれども現実的にはスケジュールが厳しく、まあ無理だろうなあ……と半ばあきらめていた。ところが金丸Pや現地のサポータークラブ他、ご協力下さっている皆様のご尽力で、上映が再三延長された。おかげでうまい具合にスケジュールがはまり、ようやく香川の土地を踏むことができた。真っ先に金毘羅さんをお参りし、その後、ことでんで高松へ向かった。シナハンの際、監督たちとことでんに揺られながら構想を練り上げていった午後を思い出した。

あの日、電車の中には日常的にことでんを利用している乗客たちがおり、それぞれの思いの中に沈んでいるようだった。多少、大げさな言い方をすれば、それぞれの<声>が聴こえるような気がした。乗客一人一人に人生があり、個別の歴史があり、様々の人間関係があり、もちろん仕事や家族や友人や恋人なんかがいるのだと思った。しごく当たり前のことみたいだが、シナリオハンティングというフィルターも相まって、そんな当たり前のことが、ひどく劇的なもののように感じられた。人間が生きている、暮らしを営んでいる、それ自体が奇跡的で特別なことのように思われた。

複数の奇跡の可能性を孕む劇的空間としての電車――そう思った瞬間に、何かが見えたような気がした。こういうことは、現地に行かなければ決して発見できないし、また発想もできない。ワーナー・マイカル・シネマズ高松の劇場客席で身を沈めながら、そんなことを思い返した。

……という孤独で生真面目な時間を過ごしたあとは、映画に関わったり見て下さった方々と飲んで(下戸だからちょっぴり)、たらふく喰って、楽しくお喋りをして、すばらしい時間を過ごし、お土産にすてきな日本酒を頂き、気がつけば夜更けどころか朝が近かったのでした。

短い旅の終わりに、なぜかエルサレム産のチョコレートがてのひらに握られていた。映画作りというのはなんだか想像のつかないギフトをもたらすものなのだ。今、そのチョコをちびりちびりと齧りながら、これを書いている。

***

○そしてそして、絶賛公開中の『私の奴隷になりなさい』、まだまだ全国で上映ですよ!

http://www.kadokawa-pictures.jp/official/watashinodorei/theater.shtml
劇場情報
http://www.dorei-movie.jp/
公式サイト

今年も残り少なくなってまいりましたが、今後とも何卒宜しくお願い致します。
posted by minato at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。