2015年06月23日

『縛師 日活ロマンポルノSMドラマの現場』(浦戸宏著)の書評を書きました

発売中のキネマ旬報7月上旬号(『アベンジャーズ2』が表紙のやつ)に、『縛師 日活ロマンポルノSMドラマの現場』(浦戸宏著)の書評を書きました。『私の奴隷になりなさい』と『花と蛇 ZERO』の脚本家だからという大雑把な理由で編集部から狙い撃ちされた感……。

書評では主に著者が参加した撮影現場のエピソードについて触れましたが、個人的に面白かったのは、美濃村晃のペンネームである喜多玲子(美濃村は責め絵を描く際にこの名を用いた)を、伊藤晴雨がかたくなに「美濃村の奥さん」だと信じていたくだり。女性でないとあんな責め絵は描けないはずと伊藤晴雨に思わせるなんて、そんな褒め言葉ないなぁと思った。

あと団鬼六先生が若き日、飲み屋でグラスを傾けながら「おれ、このままエロ雑誌の、エロ原稿を書いていて、ええやろかなー」と呟く場面。青春だなぁ! 団先生の『悦楽王』やその評伝『赦す人』(大崎善生著)を楽しんだ人には、あの世界のもう一つの青春が描かれていて面白く読めると思います。えええと思ったのが芳賀章(芳賀書店社長ですよ)の肖像。シベリアで捕虜だったのかよ!

ちなみにちなみに。著者が縄師を担当しなかった現場なので触れませんでしたが、わたくしがSM映画の最高峰だと思うのは『発禁本「美人乱舞」より 責める!』(田中登監督)です。脚本はいどあきお。SM映画というより女の情念映画でしょうけど。
posted by minato at 12:28| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。