2015年12月26日

鈴木忠志のSCOT吉祥寺シアター公演『エレクトラ』&『からたち日記「由来」』

鈴木忠志のSCOT吉祥寺シアター公演、昨日は『エレクトラ』。今日は『からたち日記「由来」』。両方とも上演後のトーク付きで、とっても尊くて、幸福な時間だった。
劇構造、人物、台詞が極限まで切り詰められた『エレクトラ』(原作:ソポクレス/脚色:ホーフマンスタールのテキストを鈴木忠志が再構成したもの)は美しく、狂っていた。
「愛人と共謀して父を殺害した母を、弟を誑し込んで殺害する女の物語」であるところの『エレクトラ』物語は、精神病院の患者の女が見ている妄想と捉え直される。したがってエレクトラ(佐藤ジョンソンあき)の鍛え抜かれた筋肉も、強すぎるまなざしも、復讐の鬼というよりは狂人のそれかもしれないという疑念をたえず抱かされる。
車椅子に乗って大股を開きながら英語で台詞をまくし立てる母クリテムネストラ(エレン・ローレン)は、派手で大輪の花のように狂っている。彼女だけが英語なのは、単にキャスティングの問題なのかもしれないが、あたかも日米関係の揶揄の如く見えて来るところが可笑しい。
妹のクリソテミスは、何やら謀を企んでいる目で内と外を往還し、エレクトラに狂気のガソリンを注ぎ込む。ゴドーのように待ち望まれていた、復讐を代行する(させられる)弟オレステスは、登場した瞬間に、誰もが一発で「オレステス」とわかる凛々しい風貌でありながら、その四肢はいびつに硬直しており、布で覆われ隠されている。すべてがいびつ。すべてが不安定。それでも復讐の完遂は目的の達成であり、祭りの終わりである。悲劇のカタルシスはどこか徒労めいたエレクトラの退場で打ち消される。出演者が車椅子でぐるぐると舞台を回り続ける幕切れは、祝祭のようであり、儀式のようであり、エレクトラが日常的に見ている悪夢のようでもであった。
上半身裸で車いすを乗り回す患者たち(コロス)が放つ呻き声や苦悶の表情(実存の確かさの極限=身体の痛み=ベケット『ゴドー』で描かれる歯痛など)にカントールを思い、始終舞台に立ってドラを叩きまくる雄弁な演奏者(高田みどり)にP・ブルックの『バトルフィールド』を思い、「動かない」ことで沸騰するエネルギーの磁場でエレクトラの狂気が激しく高められていくテンション、そしてふいに訪れる静謐に、お能を思った。今年自分が手探りで追い求めてきたものの軌跡がそこに集約されたみたいだった。もう一つ。ここまで身体性に拘ったアヴァンギャルドな舞台において、黒光りするようにいよいよ強靭さを発揮するギリシャ悲劇のテキストよ……。もしくは、テキストの重さを真正面から受け止めた鈴木演出の凄味というべきか。古典は尽きせぬ表現の油田であることをディープに証明した舞台だった。
『からたち日記「由来」』は『エレクトラ』とはまるで違い、日本の伝統芸能をモダンかつ精魂込めて蘇らせたような力強さが魅力だった。古い日本家屋を模した部屋に座る三人の男女は上演が終わるまで立ち上がる事が出来ない。文楽の太夫と同じである。内容は大正時代に起きた事件に材をとった「心中もの」で、物語るのは真ん中に座る気の狂った老いた母親(内藤千恵子)。彼女の左右にいるのは、台本によると、「息子」とチンドン屋の「伯父」らしいのだが、その二人の台詞の殆どを、彼女が代わりに喋ることになる。その意味においても太夫であり、吟遊詩人であり、琵琶法師でもあるという、カタリモノ、芸能の起源みたいな形式で、古式ゆかしい不倫劇が語られる。
それにしても喋りっぱなしの母を演じる内藤千恵子という女優さんの声色の変化、リズム感、何よりも太夫としてのパワーには圧倒される。モノガタリの中で、心中は未遂に終わり、男だけが無残に死ぬ。女は顔にヒドイ傷を負って生き残る。彼女はそこで心中直前に見た、愛する男の背中を思い出してこう言うのだ。「さよなら、初恋」。どっと涙が出てしまった。これは作品の目指す地平からすると、とても俗っぽい部分なのだ。そんな甘っちょろい涙を嘲笑するような知性で統べられたハイアートなお芝居なのだ。だがその大衆的な、メロドラマ的な、しかし純然たる美しさを放つ声色と言葉に、その情感の素晴らしさに、心がぐっと掴まれてしまった。心中事件と並行して語られるロシア革命や国会や天皇制といった、いかにも男性的なロマンや権力機構が、男女が飛び込む汽車の轟音に結実する演出など、相対化の手腕は見事なのだが、結果的に自分が強く打たれたのは悲恋の情緒だった。日本の伝統芸能「心中モノ」の繊細で優しい部分が瞬間的にクローズアップされたみたいだった。幕引きの「ありがとうございました」があんなにきれいに響いた例を他に知らない。
今年最大の衝撃だったカントールを追いかけていたら、鈴木忠志に出逢った。どんな方なのかまだ全然わからない。でも三日間通い続けてその作品と言葉に接した感じでは、なんだか大きな魚にぶち当たった感じだ。求めよ、さらば与えられん。
posted by minato at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。