2008年10月01日

ピンクシナリオコンクールに入選しました!

お知らせです。

わたくし、第4回ピンクシナリオコンクールに入選致しました。こないだニラが「入選? いいところまでいったってこと?」と聞き返しやがったので補足しておくと、大賞ですよ、大賞!

ピンクシナリオコンクールとは、国映が主催するピンク映画用のシナリオコンクールです。賞金はありませんが、第一回の受賞作品以外はすべて映像化されております。第二回受賞作が『ヒモのひろし(SEXマシーン卑猥な季節)』(田尻祐司監督)、同じ年に準入選したのが『草叢(不倫団地 かなしいイロやねん)』(堀禎一監督)。前者は破天荒なコメディ、後者はユーモアを滲ませたしっとりとした不倫劇です。第三回受賞作が『ニコミホッピー(悶絶 ほとばしる愛欲)』(榎本敏郎監督)と、昨年公開され、おいらが見るたびに滂沱した傑作『たそがれ(いくつになってもやりたい男と女)』(いまおかしんじ監督)です。俺、全部見てるわ。っつうか、自分で賞の説明する受賞者ほかにおらんよ。

受賞作は10月3日発売の「月刊シナリオ」11月号に掲載されます(俺もまだ読んでない)。みなさまぜひ「月刊シナリオ」を買って、読んでください。読んで欲しいですよ、心から。賞狙いというより、こういう映画を作りたい、こういう映画を投げかけたいと本気で思って書いたものだから。タイトルは『イサク』です。タイトルからもお分かりの通り、抹香臭い話です。自分でもちょっとどうかなと思う部分、誤解を招きかねない表現、題材的に「こう表現するべきじゃなかった、でも書いてる時はこうするほかなかった」という部分など、正直言って色々な面で問題点が多く、今すぐ直したいくらいなんですが、さしあたり自己批判はやめておきます。内容に関しては選者の方々が選評できっちり厳しく指摘して下さっていると思います。

また、今回ヘンテコリンなペンネームを使って応募しましたが、その理由は審査委員の方々に俺が誰であるか知られたくなかったからです。でも今夜、その選者の方々に囲まれてアメとムチの批評を色々と頂きまして、自分としては安心したというか、納得がいったというか。ヘンな遠慮や気遣いはまったく必要なかったことが改めてわかりました。素直に受賞を喜ぶことにします。

ちなみに、現段階で拙作を映像化する予定の監督はアノ方です。正直、受賞よりそっちの方が驚きであり、死ぬほどプレッシャーがかかりますが、ここまできたら尊敬や遠慮やファン意識の一切を捨てて、ガチンコで直しに取り組みたいと思います。何事もなく映像化が進み、新宿国際名画座でぶじ初日を迎えられたらなと思います。ヒマな人はそんとき一緒に見にいきましょう。みんなでピンク映画を見にいこう。

俺にピンク映画の面白さを教えてくれた方々――作り手だったり、俳優だったり、宣伝・配給に関わっていたり、web上に存在していたり――に深く感謝します。
posted by minato at 00:00| 東京 ☀| Comment(21) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます!!
改名王としては気になります、
ペンネーム(笑)。

月刊シナリオが家に届くのが楽しみです。
上映日が決まったら上野ツアーっすか?
やりましょうよ、ぜひ!




Posted by 小松公典 at 2008年10月02日 06:19
おめでとうございます!
読むのを楽しみにしています。
&上映されたら観に行きます。
Posted by わたなべ at 2008年10月02日 10:08
小松どの

うわ、ありがとうございます!
ツアー、ぜひやりたいです!
せめて改名回数だけでも小松さんに追いつきたいと思います(笑)。

わたなべどの

ありがとうございます!
手厳しい批評をお待ちして…おりませんが、ぜひ読んで頂けたらなと思います。
Posted by minato at 2008年10月02日 14:53
おめでとうございますw
必ず拝読させていただきます!
楽しみ!!!
Posted by tohjiro at 2008年10月02日 23:22
おめでとうございます!w
必ず拝読させていただきます!
楽しみです!!!
Posted by tohjiro at 2008年10月02日 23:24
ありがとうございます!
博覧強記のtohjiroさんが読むと失笑されるかもしれません…が、読んで頂けると嬉しいです。
Posted by minato at 2008年10月03日 00:06
おめでとう。

読むのが楽しみです。
腕が鳴ります。
Posted by ニギリオ at 2008年10月03日 00:49
おめでとう!
その時ヒマなら同行しますが、必ず見に行きますぜ!
Posted by ベニシオ at 2008年10月03日 01:10
今年は正に快進撃の年ですね〜
シナリオ購入の期待度が高まりました。

あ、仮名がどんな名前かも楽しみです。

本当におめでとうございます!
Posted by 村hito at 2008年10月03日 01:29
ニギリオどの

いやいやいやいや、腕鳴らさなくていいから!!!
前の映画んとき、ニギリオ先生にはヒドイ目にあったからなぁ…。

ベニシオどの

ありがとうございます。公開時に見れなくても、BSの「カンヌ映画祭特集」とか「アカデミー賞特集」なんかで見れると思いますが、できればご一緒に成人映画館で見ましょう!
Posted by minato at 2008年10月03日 01:31
村hitoどの

ありがとうございやす!
PNは我ながら「いい加減にしろ」と言いたくなるくらいひどいですが、本名も出てますんで、誰なのかわからないということはないと思います(笑)。
Posted by minato at 2008年10月03日 01:34
自分の名前見て汗かいた…。



あらためておめでとうございます!
た、大賞。

シナリオ誌、楽しみにしてしてるわよー。
Posted by ニラ at 2008年10月03日 19:22
おめでとうございます!

今日手元に本が届きました、読ませて
頂くのがとても楽しみです!

ペンネームもお顔も拝見いたしましたー
良いと思いますよ!
Posted by 紗夜月夜 at 2008年10月03日 21:33
おめでとうございます。
PNは「当方ボーカル」でしょうか?

ピンク映画は年々製作本数が減っていますが
国映はいい作品を作ればソフト化もされますし、
海外にも持って行けるチャンスがあるので、
いいんじゃないでしょうか。

そのうちポレポレで一緒に作品が観れたらいいですね。
期待&応援しています。
Posted by サーモン at 2008年10月03日 22:21
ニラどの

ありがとう!
いい加減本免とって、俺を湘南ドライブに連れてってください。

紗夜月夜どの

う、ぐ、いや…。あ、ありがとうございます!紗夜様のように第一線でご活躍中の大先輩に読まれると思うと、正直、冷や汗しか出てきません…。写真のことは…忘れてください(恥)。今後も頑張ろうと思います!

サーモンどの

ありがとうございます!
当方ボーカルではさすがにまずいので、東宝ボーカルという興行的に縁起の良さげな名前にしようと思います。

ポレポレ…はわかりませんが、というか、そもそもぶじに映像化されるかどうかさえわからないのが映画ですが、それでも素直に嬉しいです。いつか小生の作品にご出演していただけたりすると楽しいなぁ、などと妄想しています。
Posted by minato at 2008年10月04日 02:35
おめでとうございます。
戦い方、好きです。

勝手に共感しています。
Posted by matsue at 2008年10月04日 14:06
matsueどの

ありがとうございやす!
戦い…というほどのことは何もしてないですが、もし戦い方というものがあるとすれば、それを学ばされたのはやっぱり松江さんやナヲイさんからです。今後ともよろしくお願いします。
Posted by minato at 2008年10月05日 03:03
すごい!えらいよみなとさん!
私も雑誌探して読ませて頂くであります!

ていうか今日まで知らなくて祝辞遅くなっちゃった。。

映像化の時点でも苦しいこといっぱいあると思うけど、ファイトです〜!
すごい嬉しいー。
Posted by deco at 2008年10月26日 17:43
ごぶさたしております!
しかし、さっそく撮影が延びry…

「ちっ、浅はかなモン書きやがって!」とdecoさんに罵倒されそうな作品です。嗚呼。
Posted by minato at 2008年10月26日 19:52
遅ればせながら(本当に遅い)
おめでとうございます!

僕自身はちょっとピンクから縁遠くなっちゃってますけど、
思いっきりピンク映画の世界をかき回してください!
期待しております。
Posted by 樫原辰郎 at 2008年11月10日 13:28
おおお・・・ありがとうございます!

掻きまわせるかどうか…逆に掻きまわされて終わる気もしますが、やれるだけやってみたいと思います。

それ以前に、やれる場が与えられるかどうかわかりませんが…
Posted by minato at 2008年11月10日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。