2009年08月16日

橋、川、サム・シェパード

橋、川、サム・シェパード。のイメージで早朝4時に目が覚めた。絶対忘れちゃいけないと思って、ご丁寧にケータイからPCのアドレスに文字打ちこんでメールまでした。橋はレンガ造りの頑丈そうなものだが、花々や光によって、穏やかな虹色に優しく彩られていた。印象派のなんとかって有名な絵画に似ていた。川は流れが速くうねっていたが、びっくりするほどきれいに澄んでいた。サム・シェパードは視覚ではなく概念として在った。俳優ではなく劇作家としての意味合いが強かった。あの虹色の橋に辿り着きたい――。そんな感慨がやけに強く刻みつけられる夢だった。そう、橋に辿り着かずに夢は終わったのだ。でもあまりにも美しい光景だった。

現実的には落胆とため息の一日でした。

呪文のように繰り返す。橋、川、サム・シェパード、橋、川、サム・シェパード、橋川サムシェパード……。
posted by minato at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。