2013年01月01日

あけましておめでとうございます

謹賀新年。

去年は「映画の脚本を書きたい」という悲願を、いろいろな方々のお力添えのおかげで、いくばくかかなえることができました。それによって、以前には希薄だった心の充実が感じられるようになりました。

同時に力不足、勉強不足を痛感する場面も多く、学ぶべき事柄の多さに途方にくれています。大嫌いだった「勉強」という言葉が、今は至高の価値をもって映ります。時間さえあれば本を読む、という日々が今年も続くと思います。死ぬまで続くような気がします。それはとても前向きなことである、という認識です。

これから5月までのあいだに、何本かの脚本作が公開されます。

1月19日からは銀座シネパトスで『私の奴隷になりなさい』(亀井亨監督)のディレクターズカット版(R18版)。http://www.dorei-movie.jp/

1月26日からはシネマート新宿で『ナイトピープル』(門井肇監督)。
http://www.u-picc.com/nightpeople/

2月23日からは銀座シネパトスで『インターミッション』(樋口尚文監督と共同脚本)。
http://pathos-lastmovie.com/

そして5月にはテアトル新宿で『百年の時計』(金子修介監督)。
http://100watch.net/

一本、一本、自分なりに力を尽くしたつもりです。

ご覧いただければ幸いです。

正直なところ、書きたい気持ちはあふれかえっていて、もうひとり自分がいたらな、と思うことがしばしばです。書きたいことをすべて書くには、あまりにも時間がなさすぎる。けれど、ひとつひとつの創作や仕事に対し、慣れたり、調子に乗ったりしないよう(調子に乗りやすい性格なので)、毎回新鮮な気持ちで取り組んでいけたらと思います。

そして、切実さにもとづいてものを書く、ということができたらと思います。

とりとめもありませんが、本年度も何卒、宜しくお願い致します。

2013年 元旦 書き初めにかえて
posted by minato at 10:51| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願いします。お元気に活躍しているみたいですね。こちらも頑張っておりますよ!帰郷した際は、お店にお寄り下さいな。
Posted by 津野裕樹 at 2013年01月07日 21:33
おおっと、あけましておめでとうございます!

なかなか延岡帰れなくてすっかりごぶさたしておりやす。帰郷した際は立ち寄ります!
Posted by minato at 2013年01月08日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。