2014年09月25日

脚本作『夜だから』公開決定!

脚本を書いた『夜だから』(福山功起監督、出演:波岡一喜、千葉美裸、小宮一葉、舩木壱輝、Velma他)の公開が11月8日に決定しました! 撮影は早坂伸さん、音楽は宇波拓さん!まずは公式サイトと予告編をどうぞ。

(公式サイト)
http://jillmotion.com/night.because/
(予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=18JuCZ4J0jg

東京  新宿バルト9  11/08〜
広島  広島バルト11 11/08〜
神奈川 横浜ブルク13 11/22〜
大阪  梅田ブルク7 11/29〜
京都  T・ジョイ京都 11/29〜
福岡  T・ジョイ博多 12/06〜
posted by minato at 11:42| 東京 ☁| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

脚本作『花と蛇ZERO』DVD&Blu-ray本日発売です!

脚本を書いた『花と蛇 ZERO』(団鬼六原作、橋本一監督、天乃舞衣子、濱田のり子、桜木梨奈主演)DVD&Blu-ray、本日発売です。

劇場で見逃してしまったアナタ、もう一度あの”セックスコースター”(by橋本一)に翻弄されたいわというアナタ、ぜひともごらんください。

http://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E3%81%A8%E8%9B%87-ZERO-%E7%89%B9%E5%88%A5%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%89%88-Blu-ray-%E5%A4%A9%E4%B9%83%E8%88%9E%E8%A1%A3%E5%AD%90/dp/B00KYKY7QE

posted by minato at 03:15| 東京 ☁| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

バタバタと

日々が過ぎてもう何年経つやら……。

色々なことがありました。色々な仕事をさせて頂きました。

おかげさまでバリバリやらせて頂いております。
これからもバリバリやりたいなと。

いや、特に書くことはないんだけど、久々に更新してみたよ。
posted by minato at 14:41| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

「キネマ旬報」5月下旬号に、『昨日消えた男 小國英雄シナリオ集2』の書評を書きました

発売中の「キネマ旬報」5月下旬号に、『昨日消えた男 小國英雄シナリオ集2』(ワイズ出版)の書評を書きました。

仕事も忘れて読み耽り、本物の巨匠ってこうなんだ……と呆然自失。これぞ文化財です。凄い一冊です。

『男の花道 小國英雄シナリオ集』と併せて読むべし。

http://www.kinejun.com/kinejun/tabid/62/Default.aspx
posted by minato at 17:57| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

いよいよ明日から『赤×ピンク』公開です!

明日22日(土)から『赤×ピンク』(原作:桜庭一樹 監督:坂本浩一)公開になります!

みんな見て〜!

と、無邪気に言いたくなるような、本当に大好きな映画です。

試写で二回見ちゃったし、たぶん劇場で何回も見る…。

そんなこんなで、よろしくお願いします!

劇場情報はコチラ↓
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/aka_pink/theater.shtml

東京での角川シネマ新宿でのタイムテーブルは下記です。
http://movie.walkerplus.com/th171/sc650083.html

公式サイトでは著名人のコメントが続々と!
http://aka-pink.jp/comment.html

『赤×ピンク』公式サイト
http://aka-pink.jp/
posted by minato at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

切通理作さんのメルマガ『映画の友よ』で『赤×ピンク』インタビュー!

切通理作さんのメルマガ『映画の友よ』http://yakan-hiko.com/risaku.html で『赤×ピンク』の脚色作業についてお話しさせて頂きました!

前後編に分かれてのインタビューで、今回は前編になります。切通さんならではの切り口と視点が光る超絶ボリュームのメルマガです。ご登録の上、ぜひ読んで下さい!

切通さんは『イサク』公開の頃、キネマ旬報の連載枠を丸々使って、脚本に関する詳細な批評を書いて下さいました。良い点も悪い点も、反駁の余地ないほど完璧に指摘され、「これが批評というものか…!」と凍りついた印象があります。そしてその緊張関係に心地の良さを覚えました。

『映画の友よ』の前号では、映画『赤×ピンク』を詳細に論じ、「快作!」と褒めて下さり、とても嬉しかったです。今回も桜庭先生の原作をきっちり読み込んでからインタビューをして下さいました。本当に感謝しています。
posted by minato at 06:10| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

本日発売の月刊「シナリオ」誌に『赤×ピンク』(原作:桜庭一樹)の脚本&インタビューが掲載されます!

本日発売の月刊シナリオ誌に脚本『赤×ピンク』(原作:桜庭一樹)が掲載されます!

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HX0NLN8/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00HX0NLN8&linkCode=as2&tag=scenariodrama-22

わたくしめのインタビューも掲載(聞き手:後河大貴)されます。
脚色作業について、かなり突っ込んだ内容となっておりますので、ぜひ『赤×ピンク』(角川文庫)も合わせてお読みください!
もちろん、映画を先に見て読むもよし!

よろしくお願いいたします!

映画は2月22日(土)公開!

『赤×ピンク』公式サイト
http://aka-pink.jp/
posted by minato at 03:27| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

今年もありがとうございました

2013年は素晴らしい一年だった。

1月公開の『ナイトピープル』(門井肇監督)を皮切りに、2月には『インターミッション』(樋口尚文監督と共同)、5月には『百年の時計』(金子修介監督)が公開され、10月には構成を務めたフジテレビNONFIX『僕たち女の子』(小野さやか監督)が放映された。

『ナイトピープル』ではDVDのコメンタリーというものを初めてやらせていただいた。画面に『ホワイト・ジャズ』(文藝春秋)ハードカバー版が映り込んでいるなんて誰も気づかなかっただろう!フハハハハ!面白いからみんな買うのだ(自画自賛)。

『インターミッション』では、樋口尚文監督の途方もない情熱と行動力にアテられ、その熱気のなかで、これまで見ることのできなかった景色をたくさん目にすることができた。逆巻くあの日々は、まるで夢だったような気がしている。この映画に関わることは、銀座シネパトスという、歴史ある映画館の最後に立ち会うことでもあった。足繁く通った成人映画館・新宿国際劇場も閉鎖されて、何かの終焉をいやでも意識せざるを得ない一年だった。

『百年の時計』は思い入れの深い映画。先行公開された高松の映画館で見て、地元の方々と飲んだ楽しい一夜があったり、金子監督ともども故郷の延岡シネマ上映会&トークにお招き頂き、親孝行、地元孝行、そして自分を育ててくれた映画館孝行がちょっぴり出来たかなと思えたりした。この映画にまつわるすべての出来事は、幸福の一語に尽きる。

『私の奴隷になりなさい』は去年の映画だけど、主演の壇蜜さんがあっという間に国民的なスターになられて、今では「壇蜜さんと握手したことあるぜ!」と周囲に大いばり…何をやってるんだおれは。10月の立川シネマシティさんでの上映は素晴らしい上映環境で感動しました。

『僕たち女の子』は『原発アイドル』に続く小野組との仕事。構成という仕事やTVドキュメンタリーという媒体は相変わらず不慣れで、暗中模索。被写体のみなさんの重い決意に釣り合うナレーションを書こうと必死でした。放映後の反響がめちゃくちゃ大きくて、やっぱりテレビって凄いと思った。この作品、大好きです。

文筆方面では、福間健二監督の『あるいは佐々木ユキ』と小林政広監督の『日本の悲劇』の劇場用パンフレットに原稿を書かせて頂いた。尊敬するお二方の作品にじっくり向き合うことで、多くを学びました。これでもう、映画がらみの原稿執筆には思い残すことがないです。『フィギュアなあなた』のトークイベントで石井隆監督と同じ壇上に上がったことも一生の思い出になりました。仕事を頑張っていると、こうした嬉しいご褒美があるものなのだなあ……と感慨深いです。

脚本は映画が公開される一、二年前に書かれる。だから来年公開される映画はどれも今年書いたもの。2月22日に『赤×ピンク』(坂本浩一監督)、春に『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』(青山裕企&伊基公袁監督。伊基公袁と共同)、5月に『花と蛇 ZERO』(橋本一監督)が公開予定。当然の話ですが、どの作品にも精魂込めました。何卒宜しくお願い致します。

走り続けた一年でした。来年もがむしゃらに走り続ける所存です。
正月休みなんていらねえよ!(泣)。

仕事を通してお世話になった方々、上映・放映に携わった方々、そして作品をご覧くださった方々、本当にありがとうございました。

来年からも何卒、宜しくお願い申し上げます。

ではでは良いお年を!
posted by minato at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

『赤×ピンク』(桜庭一樹原作、坂本浩一監督)初号試写!

脚本作『赤×ピンク』(桜庭一樹原作、坂本浩一監督)の初号試写。

凄い、凄いよ…!

芳賀優里亜さん、多田あさみさん、水崎綾女さん、小池里奈さんをはじめとする俳優陣の凄絶すぎるアクションに、ただただ泣いてた。

こんな映画、ちょっと見たことない。

絶対に見て欲しいです。来年2月22日公開!!

予告編はコチラ↓

http://www.youtube.com/watch?v=UTzTRLdfoqI&feature=youtu.be

公式サイト

http://aka-pink.jp/
posted by minato at 17:31| 東京 ☁| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

映画『花と蛇 ZERO』(原作:団鬼六、監督:橋本一)で脚本を務めました

来年5月公開の映画『花と蛇 ZERO』(原作:団鬼六先生!)で脚本を務めました。

主演は天乃舞衣子さん、濱田のり子さん、桜木梨奈さん。

監督は『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一監督!血を撒き散らせ!! 

http://eiga.com/news/20131223/1/

橋本一監督といえば、もちろん『探偵はBARにいる』シリーズや『相棒シリーズ X−DAY』などが有名だし、僕も大好きですが、個人的には東映プログラムピクチャー魂が炸裂した傑作『極道の妻たち 情炎』を撮った監督なのだ!あの映画のブチ切れ感は最高。未見の方は是非。
posted by minato at 19:05| 東京 ☁| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。