2011年12月01日

『大津波のあとに』(森元修一監督)『槌音』(大久保愉伊監督)『ふたつのウーテル』(田崎恵美監督)『わたしたちがうたうとき』(木村有理子監督)

■本日発売の月刊シナリオ1月号、桂千穂さんの「映画館へ行こう」のコーナーで、座談会の末席を汚しております。『恋の罪』や『一命』などについて無責任に喋っておりますので、よろしければどうぞ。

■渋谷のアップリンクで明日まで上映している『大津波のあとに』(森元修一監督)と『槌音』(大久保愉伊監督)を見た。とてもよかった。現在、「3.11」という言葉は、どちらかといえば原発問題を意味する場合が多い気がするけれど、この二作品は徹頭徹尾大津波による被災に焦点を絞っている。

■特に『大津波のあとに』は良かった。大津波という圧倒的な現実、大いなる事実を前にしたときの、撮影者の畏怖や被写体となる現地の方々への敬意が、意図的でなく無意識のうちににじみ出ていた。「ドキュメンタリーとは」「ジャーナリズムとは」といった議論をなきものとして制作、否、「記録」されている。作為や自意識の滅却が自然と行われている、と言い換えてもいい。作為を作為と見せない操作が行われているとしても、その滅却のありかたに深く頷かされた。

■森元監督はアフタートークで「セルフドキュメンタリーにはしたくなかった」と仰っていたが、自己言及する余裕などない状況だっただろうし、「自分」を捨てることが、外部から被災地へ降り立った者の最低限の礼儀であり、節度なのだと思う。大きな現実を前にして露呈される「自己愛」ほど見苦しいものはない。ワンカット、監督自身を鏡越しに捉えるショットが挿入されているが、個人的にはあってもなくても作品総体の印象は変わらないと思った。今後もどこかで上映の機会はあるような気がするので、その際はぜひご覧になってみて下さい。

http://fartheron.soragoto.net/
『大津波のあとに』『槌音』公式サイト


■昨日は渋谷でやっている「NO NAME FILMS」をワケあって見に行き、若い監督たちによる多くの短編を見た。中でも『ふたつのウーテル』(田崎恵美監督)と『わたしたちがうたうとき』(木村有理子監督)はとても良かった。

■テクノロジーの進歩によって誰でも映画が撮れる時代となり、ある程度の「見栄えがする画面」を構築することが可能になった。前にも書いた気がするけど、それはとても残酷な時代になったということだ。結局のところ作家が人間をどう捉え、どう描くかという、非常にアナクロな(だが根本的な)”才能”について、誤魔化しがきかなくなっかたからだ。上記の二人の監督はその意味での根本的な才能が光っていた。その「光」が、長じて「映画」の技術に貢献する。逆ではないんだということを再確認させられる作品だった。
posted by minato at 20:32| 東京 ☁| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

『映画芸術』最新号に馬場当先生の追悼文を書かせて頂きました

月末発売の『映画芸術』最新号に馬場当先生の追悼文を書かせて頂きました。

http://eigageijutsu.com/

池端俊策さん、我妻正義さんという兄弟子たちに肩を並べるのは、正直、とても気が重かったのですが、馬場門下生としては最後の世代であり、師匠の最期の日々を見つめた者として、その思いを綴らせて頂きました。

馬場さんは映画学校入試の際の面接官であり、池端さんは一年次の脚本コースの担任でした。我妻さんは永遠の問題児で、今回の追悼文もかなり凄いことを書いていますが、同時に馬場先生に対する非常に鋭い批評・分析になっていると思います。

他に、去年川崎ミュージアムで行われた山田洋次×いまおかしんじ×馬場当、篠田正浩×馬場当のトークも採録されております。すべて大変面白い内容で、記録として紙媒体に残ってよかった、と心底思います。このような機会を与えて下さった『映画芸術』誌に感謝です。

そしてもちろんメイン特集の「追想・原田芳雄」も読み応え十分です。今号は迷うことなく買い!
posted by minato at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

第151回シナリオ倶楽部のご案内

■第151回シナリオ倶楽部のご案内

■ゲスト 渡辺千明さん、(特別ゲスト)桑田健司さん、我妻正義さん

■日時 10月24日 午後17:00〜

■場所 シナリオ会館3階シナリオ講座

■六月二十九日、脚本家の馬場當さんが亡くなられました。享年八十四。代表作は『乾いた花』『復讐するは我にあり』『サヨナラCOLOR』等。一九四八年から松竹大船撮影所の脚本部員となり、一九五七年、フリーとなりました。邦画黄金期の生き証人であるばかりでなく、人間を深く抉る作品を遺した真のシナリオ作家でした。

今回はそんな馬場當さんを追悼し、『復讐するは我にあり』(今村昌平監督)を上映致します。毎日映画コンクール、キネマ旬報賞、日本アカデミー賞等で数々の脚本賞を受賞した、言わずと知れた大傑作です。
ゲストの渡辺千明さんは『十八歳、海へ』『ジャイブ 海風に吹かれて』等を手掛けられた脚本家ですが、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)の二期生として馬場さんと邂逅し、『復讐〜』の苛烈な執筆現場に立ち会った一人でもあります。また本誌にて好評連載中の「山内久/玲子・空にまた陽がのぼるとき」の聞き手としても活躍されておられます。山内久さんは松竹における馬場さんの同期であり、馬場さんの生涯を通じて盟友であった方なのです。馬場當さんの人となり、作家性について、詳しくお話を伺えればと思います。

※また、〆切の都合上、月刊シナリオ誌の告知では明記できませんでしたが、今回は、渡辺千明さんのほかに、桑田健司さん、我妻正義さんのお二方の参加も決まっております。みなさまぜひご来場ください。
posted by minato at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

『トーキョードリフター』(松江哲明監督)『アントキノイノチ』(瀬々敬久監督)

最近、試写で見た作品について少し。


『トーキョードリフター』(松江哲明監督)

いわゆる「3.11」以降の映画、というものが世の中にはあるという。でもおれは見たことがない。いや見る機会はあったが、本音をいえば「見たくない」のだ。震災の翌日から、仕事の打ち合わせなどで何度も新宿に出た。歩きながら街の様子を脳裏に刻みつけていった。すでに放射性物質の話題でもちきりだったから、外出するだけで気が重かった。そして、津波に遭ったわけでもなく、避難区域でもない土地に暮らす人間がそんなことで気が重くなってしまうことで、とても後ろめたい思いをした。あの途方に暮れた感じ。非常事態そのもののような街の空気。恐怖と不安と悲しみばかりを突きつけて来るTVの映像。思考をパンクさせるネットのニュース。一ヶ月経つと、師匠のことがあり、仕事も重なって、肉体的/精神的にとことん追い詰められた。今はだいぶ落ち着いてはいるけれど、あの頃のことを振り返りたいとは少しも思わないし、悪いことに、すべては現在進行中なのだ。

『トーキョードリフター』は五月のある一夜に撮られた作品で、『ライブテープ』同様、シンガーの前野健太が、街角に立ちギター一本で弾き語りする様子を捉えた作品だ。音響設計の見事さは素人でもわかる。意図的に「ビデオテープ」を想起させる画質やほとんど懐かしい感じの字体(裏ビデオってあんな感じの字体が多かった)など、狙ってきた導入。やがて主人公は単車に乗って到着する。あとはあちこちの夜の町で歌う前野健太が淡々と映し出されていく。いつしか雨が降り始め、それは朝まで続くだろう……。正直、自分はこの方の歌があまり好みではないのだが、皮肉でも何でもなく、単車を走らせながらAKB48の「ヘビーローテーション」のフレーズを自然に口ずさむ場面がいちばんよかった。あの頃の街の気分、街の空気、そんなものを、あの曲を「口ずさむ」という仕草でぜんぶ背負ってしまっていた。そしてそれこそが本作の狙いなのだと思った。

『ライブテープ』はドキュメンタリーが生成される場と時間と方法論をあけすけに開示することによって、誰にでも楽しめる作品になっていた。今回はそうした意匠をあえて捨てている。大きな現実を前に、そうしたメタな演出は不誠実にあたるからだ。では本作の生身の表現は結果的に誰に何をもたらしたのか。自分はこの作品を見ながら(ああ、これは『ライブテープ』殺しだな)と思った。それは自己の方法論に対する一種の否定だ。断絶かもしれない。『ライブテープ』が余すところなく捉えていた「幸福なお正月」はもう二度と来ないと明言したようなものである。

こうした見方はいわば松江哲明という監督の作品歴、その文脈に沿ったものだ。それが正しいことなのかどうかはわからない。ミュージシャンのファンは自分とはまるで違った目で見るだろうし、突き放した見方をすればこれは端的に「記録映像」である。それでいいとも言えるし、それでいいの? との疑義も湧く。自分は複雑な感情が渦巻くまま試写室を出た。

自分がうまく感想を言えないことに対する言い訳ではないけれど、この作品に関する明快な批評、明快な絵解きはいらないんじゃないかという気はした。雨に濡れる夜の渋谷にごろんと転がった映像――即物的なまでにそうした感触を残す作品である。


12月10日よりユーロスペース他にて公開
http://tokyo-drifter.com/
公式サイト



『アントキノイノチ』(瀬々敬久監督)

遺品整理の仕事を始めた吃音症の青年(岡田将生)と、心に傷を負った同僚の女(榮倉奈々)が、少しずつ心を通わせていく姿を丹念に描いたヒューマンドラマ――ならばどれほど良かっただろう。いや、基軸となるのはそうしたドラマであり、傷ついた男女の触れあいにはぐっときたのだが、それ以外の要素が過剰なまでに積み重なり、最後の方ではドラマを追い切れなくなってしまった。俳優陣が若手もベテランもみな好演しているのでとても惜しい気がした。悔しかった。

主演のふたりがとにかくいい。イケメンをかなぐり捨てた岡田将生の独特の芝居。痛みを抱えた生を余儀なくされる榮倉奈々の可憐さと痛ましさ。二人の過去はまったくもって辛いものなんだけど、「辛さ」を背負った仄暗い感じが滲み出ていた。主人公に「罪」の刻印を押して退場する染谷将太も文句なしの存在感。彼が退場するショットは久々に「うおっ」と唸った。主人公たちの同僚を演じる原田泰造もお見事。ある場面で彼は「ブレーカーある?」と言うんだけど、あの自然さというか「現場の人」の感じにはちょっと驚いた。

また、人物たちが生活を営む場所、土地、風景への徹底したこだわりはさすがに「映画」だった。孤独死する人物たちの住む土地、部屋の様子など、いかにも瀬々監督らしい風景論的世界が広がっていて、ひたすら唸らされる。それだけに、どうしてそこまでして客を泣かせようとするのかとキツかったです。原作がそうなのかもしれませんが。


11月ロードショー
http://antoki.jp/index.html
公式サイト
posted by minato at 02:10| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

たまには更新

■あっというまに10月になったのでたまには更新しようと思う。だが忙しすぎて、というより、季節の変わり目で体調不良が続き、書くこともこれといって思い浮かばない。何本か映画を見たがそれについて書こうとすると真面目に書き始めるので何となく避けている。試写会にはぜんぜん行けていない。仕事の話は、したいけどできない。映画は大変だよ。書いても書いても終わらない。いくら書いても稼げない。書きあげてしまったら、あとはとにかくうまくいってくれと願うしかない。脚本家は非力な職業みたいです。

■ギリシャ悲劇を継続的に読んでいる。アイスキュロスの不動の偉大さ。ソポクレスの構成術とお説教。エウリピデスの共鳴するところの多い女性観。2500年前、ギリシャはアッティカ出身の悲劇詩人たちは凄いよ。結局すべては古典にあるのだよな。おかげさまで表現そのものへの見方が変わりつつあるよ。そして劇作についての関心はますます深まりつつある。実作にフィードバックしたいな。時間ができたら本気で芝居をやりたいと思うのだが、そういいながらいつも機会を逃がしている。もう「いつかは○○をやろうと思っている」とか言ってる歳でもないのにな。だからやる。どんな形でかはわからないけれど。

■そんなこんなでみなさま良い秋を。
posted by minato at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

いよいよ9月3日(土)夜、ポレポレ東中野にて『わたしたちの夏』触発オールナイト開催です!

■いよいよ明日9月3日(土)夜、ポレポレ東中野にて福間健二監督最新作『わたしたちの夏』、「触発オールナイト」開催です! 

※ 23:15開場/23:30開映(6:21終了予定)
福間健二による各作品解説あり。

料金:整理番号付き前売券/2200円 劇場窓口・チケットぴあにて発売中(Pコード558-237)
当日券/2500円(前売券完売の場合当日券の販売はありません)
会場:ポレポレ東中野  http://www.mmjp.or.jp/pole2/ TEL 03-3371-0088


脚本作『結び目』は明け方の上映となりますが、台風近付くこの週末に、『岡山の娘』『アワーミュージック』『愛の予感』『結び目』をぜひとも駆け抜けましょう!

※詳細は以下です。

http://tough-mama.seesaa.net/category/10905243-1.html


■みなさまぜひご覧ください!
posted by minato at 02:36| 東京 ☁| Comment(2) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

えーと

忙しいです。お盆もへったくれもなく。ただひたすら仕事です。

最近読んでいちばん印象深かったのはカミュの『カリギュラ』です。

これを機に、改めてカミュに向き合おうと思っていますが、どうなることやら……。

そんなこんなで、みなさまどうか熱中症に気をつけてご自愛くださいね。
posted by minato at 23:32| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

月末発売の「映画芸術」誌に町山智浩著『トラウマ映画館』の書評を書かせて頂きました!

■月末に発売となる「映画芸術」vol.436に、町山智浩さん著『トラウマ映画館』の書評を書かせて頂きました。お題は「トラウマ映画」ですが、作品の成立過程や時代背景、舞台裏のドラマに肉薄する氏のアプローチはここでも健在、その魅力を拙いながらも書いてみました。よろしければご一読下さい。

http://eigageijutsu.com/article/217318145.html#more

■今年はこのような散文を書かせて頂く機会がいつになく多いのですが、いったい本業はどうなってるんだ? という声が……べつにどこからも聞こえてはきませんね、はい。そもそも本業になってるのか? という内なる問いに関しては黙殺するすべを身に着けました。映画は時間がかかるのです。見返りも少ないのです。それなのに頑張るオレ……みたいな自己陶酔も消滅しました。でもまあ、頑張っております。散文はいいです。書いたら即それが表現になるから。
posted by minato at 00:05| 東京 ☔| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

9/3(土)『わたしたちの夏』公開記念オールナイトで、『結び目』が『岡山の娘』『アワーミュージック』『愛の予感』と上映されます!!

■たいへんに光栄なお知らせです。

■9/3(土)、『わたしたちの夏』公開記念オールナイトで、脚本作『結び目』が『岡山の娘』『アワーミュージック』『愛の予感』と上映されます! 場所はポレポレ東中野。23:30開映となります。福間健二監督による各作品解説もあるという豪華さ。ぜひともご来場ください!

■詩人/映画監督の福間健二さんから、新作『わたしたちの夏』の公開記念としてオールナイトを実施する、ついては『結び目』をそのうちの一本として上映したい――との連絡を受けたのは六月だったと思う。福間さんは言わずもがな高名な詩人でもあるが、何より『ピンク・ヌーヴェルバーグ』の共著者であり、『イサク』の初号にもお越し下さり、誰もが黙殺したあの映画を唯一「映画芸術」で触れて下さった恩人である。さらに『結び目』ではイメージフォーラムでの初日にお見えになって、「キネマ旬報」で感動的かつ真摯な評を書いて下さった。去年の夏、分厚い佐藤泰志作品集を読みふけっていた頃、福間さんと故人との深すぎる関わりを知って驚いたこともあった。何にせよ思い入れの強い『結び目』が、福間さんの新作公開に合わせて上映されるのは大変喜ばしいし、場所がポレポレ東中野というのも個人的に嬉しかった。

■ところが――「触発オールナイト」と題されたそのラインナップを見て、「うわっ」と声をあげてしまったのである。比喩でなく本当に鳥肌が立った。オールナイトの上映作品が、『岡山の娘』 『アワーミュージック』 そして『愛の予感』だという……。まあ誰よりも監督の小沼さんが動揺したことであろうし、脚本家は仕上がった映画に対して気楽な距離感を持てるのだが、それでものけぞった。

■『岡山の娘』は福間さんの監督作で、公開時、横浜のジャック&ベティまで追いかけてようやく見ることができた。国境を軽々と超える現代的な交通感覚の上に、淡い芳香を放つ色とりどりの花びらがうず高く積っているようなエロティシズム。だがそれは口当たりの良い仄かなものではなく、根深く、生々しいのである。また、堅苦しい観念や決まり切った構成を無視することで、映画はこんなにも軽く自由になれるということを気負いなく示し、「映画は詩人のもの」という淀川長治のテーゼを実証した作品でもある。言葉にすると陳腐だが、いわゆる「みずみずしさ」というものは、結局のところ作家個人のまなざし一つで決定されるのだ。

■『アワーミュージック』については、自分の知識や教養では簡単には読解できないものの、長く後を引き摺るような、重い一撃を受けた印象がある。体感としては傑作、としかいいようがないが、どう受け止めればよいのか、どう語ればよいのかわからないのだ。

■そして『愛の予感』である。自分があの映画に受けた衝撃は非常に大きかった。こんなことを書くのは非常におこがましいが、『結び目』を書くうえでもっとも強く影響を受けたのは『愛の予感』なのだ。個人的にゼロ年代の日本映画ベスト作であり、映画とは何か、シナリオとは何か、劇とは何か、構成とは何か、救済とはどのような形で示しうるかについて、これほどシンプルな形で語ってみせた映画は他に知らない。極私的な感慨であり、極私的な受容の仕方をしているがゆえに、それがその他の方の理解を得られなくとも自分は一向に構わない。小林政広監督への尊敬はすでに何度も書いてきたが、あの作品にどのような感銘を受けたかについて、ペンネーム時代の拙いレビューが下記URLに残っている。

http://intro.ne.jp/contents/2007/11/14_0754.html

■そのようなわけで、脚本作がここに並ぶのは畏れ多いことこのうえないが、実に痛快なオールナイトだと思う。個々の作品はもちろんのこと、一本の映画がどのように他の作品を参照し、互いに影響しあい、どのような形で連鎖していくのかを、このラインナップは意外な視点から教えてくれるような気がする。

■最後に、いずれ都内の劇場に配布されると思しいチラシから、福間さんのコメントを引用する。

「『岡山の娘』で、映画史のここまでへの覚悟ができた。さあ、次だ。ゴダールの、有無を言わせぬOKの幅。小林政広の、持てるものをすべて活かす集中力。小沼雄一・港岳彦の、女性へのオマージュとあがないの歌。その先を歩くのだという声がきこえた」福間健二

■このような身もすくむラインナップに、脚本作『結び目』を加えて下さった福間健二さんには心より感謝いたします。


『わたしたちの夏』公式ブログ
http://tough-mama.seesaa.net/
posted by minato at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

発売中のジャズ雑誌「JAZZ JAPAN」vol.12に、ジョニー・グリフィンについて書かせて頂きました!!

■発売中のジャズ雑誌「JAZZ JAPAN」vol.12に、大好きなサックス・プレイヤー、ジョニー・グリフィンについて書かせて頂きました。南明奈さんが「HANK MOBLEY」のジャケを手にしている表紙が目印です。http://t.co/hvoNl3e お声がけ頂いて本当に嬉しかったです。まさか自分がグリフィンについてジャズ雑誌に書く日が来るなんて…。夢みたいでした。

■音楽誌に原稿を書かせて頂くのは、膳場岳人を名乗っていた頃の「ロック画報」以来で、しかもバリバリのジャズ専門誌。シネフィルなんかよりはるかに恐ろしい方々の棲まうジャズ界に俺なんか…と不安でしたが、どうせ素人なんだと開き直って、好き勝手に書きました。ちなみに「愛すべきB級グルメ的ジャズ」というコーナーです。原田和典さん(!)がすばらしいディスコグラフィー解説をされているので、グリフィン好きにはたまらないコーナーになっているのではないかと。どうかご笑覧ください。

■師匠の状態がとても悪く、仕事も積み重なり、眠る時間もなく、もう発狂寸前みたいな状態の時に、JGことジョニー・グリフィンのアルバムを積み上げて一枚一枚聴き直していった時のあの幸福感…。ジャズってすばらしい、グリフィンすばらしい、としみじみ感じ入ったのでした。なので取り上げたアルバムも、ザナドゥの「バド・イン・パリ」みたいな、個人的趣味に偏ったものにやたら文字数を費やしています。もとより好きな演奏(グリフィン参加は2曲しかないけど)ながら、あの時ほど心にしみたことはなかったですよ、ええ。
posted by minato at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。